退職金が0という人も存在

 図を見ると、主任・係長級と課長級の間で開きが大きくなっている。やはり、退職金額には、管理職になるかならないかという昇進の壁が厳存するようだ。

 また、定年・早期退職者の退職金額の内訳についても集計してみた。すると、5000万円以上ももらったというつわものがいる一方で、退職金はなかったとする人の存在も浮き彫りとなった。

 あくまでダイヤモンド読者の中での調査ではあるが、平均額は2259万円。しかし、上下の振れ幅が大きく、この平均が一人一人に当てはまるものではないということが分かるだろう。

 退職金の減少に、自己責任化、さらには企業内格差の拡大。大事な老後資金はまさしく、激変と格差にさらされているのだ。

 そんなとき、われわれはどうすればいいのか。それは、自身の退職金を見つめ直し、定年後の暮らしをしっかりと設計することだ。