ライバルメーカーも新興国の生産拠点では現地部品メーカーの技術力不足によるバリューチェーンの確立の難しさなど、さまざまなバリアに苦しんでいるが、それを乗り越えたメーカーは大きな利益を上げている。アベレージで見ても、利益率はアメリカ市場よりずっと高いのだ。

 要は、日産がASEAN(東南アジア)での戦略をミスったので、そこを切るという判断をしただけなのである。

 それでも先進国市場でうまくブランド力を上げることができれば、長い目で見ればサスティナブルではある。ここでネックになるのが、西川プランの一番の軸足が北米市場にあるということだ。

北米市場のユーザーのクルマの好みは
世界の中でも特異

 北米市場のユーザーのクルマの好みは世界の中でも特異で、販売されるモデルのサイズも大きい。北米で人気のあるモデルで世界的に広がりが持てているのは俗にプレミアムセグメントと呼ばれる高級車や、プレステージクラスの超高級車くらいなもの。日産もインフィニティというプレミアムセグメントのブランドを持っているが、よりによってそれが弱い。日本でもインフィニティ車を「スカイライン」「フーガ」などの名で販売しているが、実績的にはからっきしである。

 ノンプレミアムの北米向けモデルは日産車に限らず、他国では中国市場を除いてほとんど総討ち死にだ。ゆえに、その北米市場の一本足打法のメーカーは世界的な広がりを持てなくなる傾向がはっきりしている。

 典型的なのは、北米だけが絶好調で他国では販売をほとんど伸ばせていないスバルだろう。ホンダは小さいクラスでは新興国とクロスした戦略を取れているが、中大型車については北米中心にならざるを得ないことがあだとなって、やはり世界では衰勢を余儀なくされている。

 北米中心でも何とか回るのは近年人気が急上昇し、ファミリーカーのマジョリティーになりつつあるSUV。日産の今後の新モデル20車種の中にはお得意のシリーズハイブリッド「e-POWER」を搭載したSUVも含まれているという。そういう商品でつないでいくつもりなのであろうが、そこに頼りすぎるのもSUV人気が永久に続くとは限らないという不透明さがある以上、リスクは結構大きい。