コーヒーの健康効果
Photo:PIXTA

コーヒーに思わぬ健康効果、「胆石予防」に有用?

 コーヒーを飲むと思わぬ健康効果が得られるようだ。約10万5000人のデンマーク人を平均8年間追跡した結果、1日に6杯を超えるコーヒーを飲む人は、まったく飲まない人と比べて胆石症になるリスクが約20%低いことが明らかになった。

 研究を率いたコペンハーゲン大学病院(デンマーク)臨床生化学のA. Tybjærg-Hansen氏は「コーヒーの摂取量が多い人は、胆石症リスクが低い可能性がある」と述べている。研究結果の詳細は「Journal of Internal Medicine」9月4日オンライン版に掲載された。

 Tybjærg-Hansen氏らは今回、デンマークの一般住民10万4493人を対象に、コーヒー摂取量が胆石症リスクにどのような影響を及ぼすのかを調べるため、追跡調査とメンデルランダム化の手法を用いた解析を行った。

 その結果、コーヒーをまったく飲まない人と比べて、1日に6杯を超えるコーヒーを飲む人は胆石症リスクが23%低かった。なお、デンマーク人のうちコーヒーを毎日6杯以上飲む人は6%に過ぎないが、今回の研究では1日に1~2杯程度のコーヒーでも胆石症リスクは低減することが示された。コーヒーをまったく飲まない人と比べて、1日に1杯飲む人では胆石症リスクは約3%低く、1日に3~6杯飲む人ではリスクは17%低いことが分かったという。

 コーヒーを摂取すると胆石症リスクの低減につながった理由について、Tybjærg-Hansen氏は「現時点では推測にすぎない」としながらも、「コーヒーは胆汁とともに排泄されるため、胆汁中に含まれるコレステロールの量が減る可能性がある。胆汁中のコレステロールと胆汁酸のバランスが崩れると胆石ができることを考えると、コーヒーは胆石症の予防につながる可能性がある」と説明。また、コーヒーには、胃腸管の内容物を移動させるような筋肉の収縮を促す作用もあるという。