アップルが視野角120度のARデバイス特許を出願

 米アップルが、120度以上の視野角を持つARデバイスの特許を米国特許商標庁に対して出願した。2018年に同社が買収したスタートアップAkonia Holographicsの技術が用いられており、ARデバイスとしては非常に広い視野角を実現する模様だ。

 アップルによる特許出願の事実は、9月19日に特許が公開されたことで明らかになった。米メディアUploadVRによれば、アップルが2018年に買収したスタートアップAkonia Holographicsの技術の発展形が使用されているとのこと。

 今回特許出願されたARデバイスには「周辺(peripheral)プロジェクター」と、「中心窩(foveal)プロジェクター」という、2種類のホログラフィックプロジェクターが搭載されている。周辺プロジェクターは、FOV(120度)全体に低解像度のイメージを投映し、中心窩プロジェクターは、網膜の位置(FOV20度)に高解像度のイメージを投映する。

 特許出願書では、レーザーアレイプロジェクターが光を出力し、光学“分布(distribution)”導波管へと出力される仕組みが解説されている。