保険に入りすぎ
将来のためにと保険に入りすぎると「将来に備えすぎ貧乏」に陥ります! Photo:PIXTA

 高収入なのに貯金できない。こんな「高収入貧乏タイプ」の人は、意外と少なくありません。収入が多ければ「少しくらい大丈夫だろう」と気持ちが大きくなってお金を使いすぎたり、必ずしも必要ではないことや物にも「付き合い」などと称して、お金を湯水のように使ったりしてしまう。そうした行動の積み重ねで、お金が残らないのです。こうした人は、お金があればあるだけ使うタイプの人にも考え方が似ています。

 一方で、こういうタイプの人もいます。せっかくの収入を、大切に、計画的に使おうと思うがゆえに、手元にお金がほとんど残らない人です。例えば、将来のためにiDeCoにお金を拠出したり、将来の自動車購入のために専用口座にお金を入れたりする。年払いの保険料を毎月貯めたり、旅行や家族の行事のためにコツコツ貯金したりして準備する人がその典型です。

 つまり、「将来使うため」の貯金は予算を決めてしっかりできているのに、肝心の自由に使えるお金や生活を補助するための貯金には頭が回らず、現金不足に陥っているのです。将来に備えすぎともいえます。

 こういう人は、収入をそれなりに多く得ていて、しっかり計画的に貯めているはずなのに、手元に現金がなくなってしまうため、本来なら感じなくてもよいような危機感を持ってしまいがちです。会社員のTさん(53)のお宅も、まさにそのような状況に陥っており、私のもとへ家計相談にいらっしゃいました。