Google
グーグルは日本でも新製品発表会を開催。スマートフォンPixel 4、Pixel 4 XLのほか、スマートスピーカーやスマートディスプレイの新製品も日本で発売される

 グーグルは10月16日、グローバルに続いて日本でもスマートフォン「Google Pixel 4」「Google Pixel 4 XL」など、新製品の発表イベントを開催。Pixel 4、Pixel 4 XLは、Google Playストアで販売されるSIMフリーモデルのほか、日本のキャリアではソフトバンクが取り扱い、10月24日に発売されることが明らかになった。なお、昨年「Pixel 3」「Pixel 3 XL」を販売したドコモの取り扱いはなし。KDDIも昨年に引き続き、ラインナップへの採用を見送っている。

 Pixel 4は5.7インチのFHD+、Pixel 4 XLは6.3インチのQHD+の有機Elディスプレイを搭載。Pixel 3 XLで採用されていたノッチは、今回は採用されていない。SoCはSnapdragon 855で、メモリーは6GB。ストレージは64GBまたは128GBが選択可能で、ディスプレイと大きさ、バッテリーサイズ(Pixel 4は2800 mAh、Pixel 4 XLは3700mAh)以外は、両者に機能的な違いはない。なお日本で販売されるモデルにはおサイフケータイ機能が搭載されるほか、3年間のセキュリティアップデート保証やGoogleフォトのストレージ容量無制限の特典もある。

Google
Pixel 4(左)とPixel 4 XL(右)。価格はGoogle Playストアで、Pixel 4が8万9980円~、Pixel 4 XLが11万6600円~。ソフトバンクで「トクするサポート」を使用し、48回払いで25ヵ月目に買い換えた場合は、Pixel 4が4万3920円~、Pixel 4 XLが5万7120円~となる
Google
カラーはPixel 4、Pixel 4 XL共、Oh So Orange、Clearly White、Just Blackの3色展開。電源ボタンだけ異なるカラーであしらわれているのは前モデル同様だ
Google
今回も専用のファブリックケースが用意される。展示されていたのは5種類で、端末本体とあわせて電源ボタンだけ異なる色があしらわれている
Google
Pixel 3(右)との比較。レンズが2つになってスペースが大きくなったほか、顔認証が採用されたため、背面にあった指紋認証センサーがなくなっている。なおおサイフケータイ対応だが、フェリカマークはない

 最大の特徴はなんと言っても、グーグルのスマートフォンであるということ。画像認識や音声認識、自動翻訳など、AIや機械学習で世界の最前線を行く、グーグルが手がけるスマートフォンだけに、それらの技術が惜しみなく活用されている。最新かつ最先端のAndroidスマートフォンを体験できるという点で、Pixel 4、Pixel 4 XLは唯一無二の存在と言える。

 中でもカメラはその代表的なもの。前モデルPixel 3、Pixel 3 XLでは、レンズが1つしかないのに、AIによって背景をきれいにぼかす「ポートレート」モードや、AIによる補正で驚くほど明るく撮れる「夜景」モードが話題を集めた。

 Pixel 4、Pixel 4 XLでは1220万画素の広角レンズに加え、1600万画素の光学2倍ズームレンズを搭載。2つのレンズにAIをプラスすることで、より豊かな写真表現が可能になっている。ポートレートモードはより自然に、夜景モードはより明るく自然に撮れるようになったほか、逆光のような難しいシーンでも、細かく露出を調整できる新機能「デュアル露出補正」も追加されている。

Google
Google
夜景モードでは、デジタルカメラで撮影するとかなり暗い室内で、人物の写真をここまで明るくとれる。条件が整えば星空の撮影も可能とのこと
Google
ポートレートモードで撮影した写真は、あとからぼかしの度合いを細かく調整できる
Google
プレビューされるモニターを見ながら、コントラストやトーンをかなり細かく調整できる。普通なら撮影後に画像加工ソフトでやるような、明るさやディテールの微調整が、その場でできてしまうような印象だ
Google
超解像ズームも、光学2倍ズームレンズを得て進化。複数枚の写真からピクセル単位で取り出して合成し、細部のディテールを再現することで、たとえばかなり遠くの被写体もくっきりクリアに見える

 最近は「iPhone 11 Pro」をはじめ、多くのハイエンドモデルが、広角、望遠ときて、次に超広角レンズを採用するなど、3眼化してきている。これに対してグーグルは広角と望遠の2眼。ライバルと比べるとカメラのスペック的にやや周回遅れ感があるのは否めない。

 Pixel 3、Pixel 3 XLのときはレンズがひとつしかないのにAIを用いることで、被写界深度がはかれるデュアルレンズを凌駕するポートレートが撮れるなど、カメラにおけるAIパワーが差別化のポイントになったが、今度はどうか。

 3眼レンズのライバル対して、AIの力でどこまで対抗できているのか。超広角がないことはハンデにならないのか。このあたりはぜひ、実際に写真を撮り比べて確認してみたい点だ。

注目のオンデバイス音声認識は日本語対応まで、しばしおあずけ

 もうひとつ、最先端のAIを体感できる機能がGoogleアシスタントだ。今年6月に開催された開発者向けイベント「Google I/O 2019」でグーグルは、従来100GBあった音声認識の機械学習モデルを、200分の1の0.5GBまで軽量化することに成功したと発表した。これによってオンデバイス、つまりクラウドにアクセスしなくてもデバイス上で、音声認識が可能になるという。この機能は今年後半に発表される新しいGoogle Pixelで利用できると言われていたが、それがPixel 4、Pixel 4 XLというわけだ。

 オンデバイスで処理されるため、とにかくレスポンスが速いのが特徴。グローバルの発表会では、端末を握る動作でGoogle アシスタントが起動し、アーティストのTwitterからコンサートの日程を調べて、それを友達とのチャットでシェア。さらにチケットサイトにアクセスするといった一連の操作を、いちいち「OK Google」と言うことなく、音声で連続指示する様子が紹介されていた。

 またオンデバイスでの音声認識は、日々インタビュー原稿の文字起こしに追われるライターにとって、夢のような機能も提供してくれる。それが音声を録音しながら、リアルタイムにテキスト化してくれるボイスレコーダーだ。テキスト化されるので、録音直後にキーワード検索が可能になる。インタビューの文字起こしだけでなく、会議の議事録、講演のレポートなどの作業が劇的に変わるだろう。

 ただし、これらオンデバイスの音声認識が日本語を認識できるようになるまでには、もう少し時間がかかるようだ。日本で開催された発表会でも、残念ながらこれらのデモは見られなかった。日本語対応すれば、グーグルのAIのパワーを最も身近に感じられるユースケースのひとつになるだろう。

 なおオンデバイスの音声認識は、レスポンスの速さに加えてプライバシーの観点からも安心して使える。音声による指示は端末の中に保存され、自分で管理できるからだ。Pixel 4、Pixel 4 XLには全モデルから引き続き、グーグルが独自開発したセキュリティーチップ「Titan M」が採用されていて、これらの音声データに加えて、今回指紋認証に変わって採用された顔認証データなどもしっかり守ってくれるようだ。

注目機能のレーダーは反応良好!対応アプリの拡大に期待

 音声認識の日本語対応と同様、日本では今すぐは使えないけれど注目の機能が、小型レーダーセンサー「Soliレーダー」を使った「モーションセンスMotion Sense」だ。インカメラと並んで搭載されているこのセンサーは、ジェスチャーを読み取ることができる。デモではエクササイズ中に手をかざして、再生中の曲をスキップする様子や、ジェスチャーでピカチューと遊べるモーションセンス対応壁紙が動作する様子を見ることができた。

Google
手を振ったり、動かしたりすることで画面内のピカチューとコミュニケーションできるアプリ。動くモンスターを壁紙にすることもできる

 スマホをジェスチャーで操作する機能自体は他社にも採用するものがあるが、インカメラを使用するそれらと違って、Soliレーダーを使ったジェスチャーは大きな動きを必要としないようだ。デモではスマホの近くで軽く手を振るくらいの動作に、アプリが割と正確に反応していた。今後ゲームなど対応アプリが増えてくれば、なかなか面白く使える機能になりそうだ。ただし前述の通り、使用する周波数帯の関係で、Soliレーダーは今はまだ日本では利用できない。使えるようになるのは、来年の春頃の予定という。

Google
Soliレーダーのほか、顔認証用のIRカメラなど、前面に多数のセンサーを搭載している

 Pixel 4、Pixel 4 XLはこのように、持っているポテンシャルはめちゃくちゃ高いのに、まだそれを発揮することができないという、ちょっと残念な状況に置かれている。ただでさえ、スマートフォンにとってAIや機械学習というのは裏方で、表面からは伝わりにくいものだ。実際にPixel 3、Pixel 3 XLは、業界的には大きな注目を集めた一方で、セールス的にはなかなか厳しい状況だった。よりコストパフォーマンスの高い「Pixel 3a」「Pixel 3a XL」の発売時の盛り上がりが、皮肉にもその状況を露呈してしまったのも記憶に新しい。

 Pixel 4、Pixel 4 XLはオンデバイスでの音声認識処理や、レーダーによるジェスチャーなど、前モデルを大きく上回るAIパワーを備え、それだけでも十分に購入する価値があると筆者は思うが、残念ながら今の時点でそのAIパワーをアピールできるのはカメラだけというのがなんとも歯がゆい。カメラだけならば、超広角レンズや高倍率の光学ズーム、大型センサーなどを搭載し、かつ高級感ある“見た目”も備えたライバルたちとの戦いは、かなり厳しいものになるかもしれない。せっかくのポテンシャルをフルで発揮できる日が、一日でも早く来ることを願いたい。

 なおグーグルはPixel 4、Pixel 4 XLのほか、カメラ付きの10インチのスマートディスプレイ「Google Nest Hub Max」や、「Google Mini」の後継となる「Google Nest Mini」、スマートスピーカーをメッシュWi-Fiシステムと一体化した「Google Nest Wifi」、完全ワイヤレスなイヤホン「Pixel Buds」も発表。Nestシリーズは11月22日、Pixel Budsは2020年に発売予定となっている。