キャメロン氏はEU離脱を巡る国民投票で、ジョンソン氏の「離脱派」への寝返りによって首相の座を追われた。だが、ジョンソン氏は、キャメロン氏が制定した「議会任期固定法」によって解散権を行使できず、立ち往生してしまった。学生時代からのライバル、キャメロンとジョンソン両氏の深い因縁である。

英議会の混乱ばかり目立つ離脱問題だが
実は残る懸案はあと一つまで絞られた

 筆者は、「キャメロンの呪い」でジョンソン首相が立ち往生したことは決して悪いことではないと思っている。この連載で一貫して主張してきたように、「EU離脱という難題に、英国は必ず『解』を見つける」と今でも考えているからだ(第198回)。

 日々の断片的なニュースを目にしていると、ジョンソン首相の「狂気の首相」とでも呼ぶべき振る舞いと、さまざまな議員が自説を言いたい放題という英議会の混乱ばかりが目立つように思える。しかし、実は英国のEU離脱は、残る懸案が「アイルランド国境問題」のみというところまで絞られてきているのだ。

 それは、首相就任前は、メイ前首相が取りまとめた離脱協定案に罵声を浴びせ続けていたジョンソン氏が、首相就任後は「アイルランド国境問題」以外、「メイ前首相案」を基本的に受け入れたからである。つまり、首相は「狂気」の振る舞いを続ける裏で、EUとの離脱交渉に臨むにあたって、極めて合理的で現実的なスタンスをとったということだ。

 ジョンソン首相は、「狂気の首相」というよりも、EUを交渉の場に引っ張り出すためのパフォーマンスとして狂気の首相を演じているだけなのかもしれない。首相の「もう1つの顔」である、「極めて優秀な実務家」が「狂気」の裏で垣間見えるからだ(第217回・P.2)。

 ジョンソン首相の就任時、ユンケル欧州委員長は、EU離脱に関する再交渉を求めるジョンソン氏に対して、EUは各加盟国の首脳から再交渉の権限を与えられていないと、冷ややかに伝えた。また、EU側の首席交渉官であるミシェル・バルニエ氏は、ジョンソン氏の要求は、「合意なき離脱」の恐れを高めることで、EUを分断しようとするものだと厳しく批判していた(第217回・P.1)。だが、結局EUは、ジョンソン首相との交渉に臨むことになった。本当に「合意なき離脱」に踏み切りかねない首相の「狂気」に、EU側は交渉を拒絶し続ける度胸を持てなかったのではないだろうか。