世界的な食糧問題や地球温暖化を解決するために、国連食糧農業機関も推奨する「昆虫食」。日本でも静かなブームになっており、コオロギを原料としたスイーツも売れ行き好調だという。

国連も後押し
「昆虫食」に注目集まる

コオロギのアーモンドバターサンド
コオロギの粉末を原料にしたアーモンドバターサンド。圧倒的に女性の方が男性よりも興味を持って食べてくれるという

 ここ数年、昆虫食が静かなブームになっているのをご存じだろうか。昆虫食に関する書籍が出版され、ネットでは食用の昆虫を販売するショップも登場している。

 大阪にある「entomo」では、食用の昆虫を販売し、講演会や子ども向けのワークショップを開催して昆虫食の普及に努めている。また、埼玉にある「バグズファーム」というショップでは、世界中の昆虫食品を、ネットを通して販売している。


 なぜいま、昆虫食に注目が集まっているのか?

 その理由は、ある宣言にある。2013年、国連食糧農業機関(FAO)が、世界的な食糧問題を解決するために昆虫を食用にすることや、家畜の飼料にすることを推奨したのがきっかけになったのである。

 いま、世界的な人口増大に伴って、動物性たんぱく源の需要が拡大している。10年後には90億人になると予想される人口を支えるためには、数億頭の家畜が必要となる。しかしそれだけの数を飼育するには、広大な土地を確保しなければならない。そのため森林破壊や環境汚染が危惧されている状態だ。

 その代替食として注目され始めたのが、昆虫類。FAOの提言を受けて、欧米では昆虫を原料とする食品メーカーが急成長を遂げている。

 とはいうものの、昆虫を食べる行為に対しては「ゲテモノ」「気持ち悪い」と思われる方も少なくない。こういった負のイメージを払拭した食品が登場し、話題を集めている。それは昆虫を原料としたスイーツ「Mrs.Cricket(ミセス・クリケット)」である。

 クリケットとはコオロギのことだが、このスイーツはコオロギの粉末を使用しているのが特徴だ。5月からネットで販売を始めており、現在のラインナップは、アーモンドバターサンドとポテトチップスの2種類だ。