戦略特区WGをめぐり「勘違い」の暴走、野党議員の呆れた無責任
森ゆうこ議員の国会での質疑を巡って、質問内容漏洩疑惑という大問題が持ち上がった Photo:JIJI

戦略特区WGをめぐる
野党の情けない大騒ぎ

 私は本来、同じ話を何度も書くのは好きではないのですが、あまりにひどい政治の現実を多くの方に知っていただくためにも、前回の記事の続きを書きたいと思います。

 前回の記事で、国民民主党の森ゆうこ議員による国家戦略特区を巡る疑惑の追及のやり方がいかにひどいかを説明しました。国会での発言の責任を問われないという憲法第51条の免責特権を駆使し、NHKが全国中継する国会の予算委員会で、毎日新聞が報じた疑惑に関する事実誤認の記事、しかも毎日新聞自身が裁判で内容を事実上否定した記事を、そのままパネルにして提示し、特区WG座長代理の原英史氏に対する事実無根の誹謗中傷を展開したのです。

 ちなみに、原氏はいくら名誉を毀損されても、憲法第51条があるので森議員を訴えることができません。そこで、原氏や私を含む有志で森議員への懲罰を参議院に求める署名活動を始めたところ、柚木道義議員(無所属、元民主党)が国会審議で、「国会議員には質問権の自由があるのだから、懲罰を求める署名はとんでもない、あり得ない」という趣旨のとんでもない発言をしています。

 それに加えて、この森議員の国会での質疑を巡っては、もう1つのとんでもない事態が起きました。質問内容漏洩疑惑です。

 森議員が原氏を誹謗中傷する国会質問を行ったのは10月15日なのですが、そこでの質問内容が、事前通告した内閣府から外部に流出したのではないかと野党の側が騒いだのです。森議員が国会に立つ前日の10月14日の段階で、元財務省の高橋洋一氏がツイッターで森議員の国会質疑に関する発言をしたというのが、その理由です。