服について考えるのは、めんどくさい。アイテム選びがめんどくさいし、コーディネートもめんどくさい。そんな男性に向けて、新刊『服がめんどい――「いい服」「ダメな服」を1秒で決める』で最短で私服を決める方法を説いた大山旬氏。「これさえ持っておけば間違いない!」という小物選びの理論を伝授する。

靴下は案外、見られている

センスのいいジャケットを着て、パンツも履きこなして、靴も下ろしたて。
そんなバッチリな服装でも、「靴下がダサい」と一発アウトです

じつは、足元はよく見られるポイントです。せっかくおしゃれに気遣っても、靴下1つでダサくなってしまってはもったいない

では、どういう靴下がダサいのでしょうか。
まずはNGの例を見てみましょう。

「ダメな靴下」(イラスト:須田浩介)

上のような、くるぶし丈のスポーツソックスは、NGアイテムです。
中途半端な長さなので、靴とパンツの間で数センチだけのぞいてしまい、一気にダサい雰囲気が漂います。

「見せる or 見せない」を徹底せよ

靴下で損しないためのポイントは、「見せるときは、見せる」「見せないときは、見せない」というルールを守ることです。

見せる用の靴下は、「ボーダー柄の靴下」がおすすめです。

「見せる用の靴下」(イラスト:須田浩介)

色は、「ブラック×ホワイト」「ネイビー×ホワイト」のボーダー柄、あるいはヘリンボーン柄がよいでしょう。
柄のピッチは、上のイラストのように、「細かい柄」がおしゃれに見えます

次に、見せない用の靴下です。

「見せない用の靴下」(イラスト:須田浩介)

これは、ユニクロで売っているような「ベリーショートソックス」で十分です。
見せないアイテムなので、ブラックを選べばよいでしょう。

以上、2種類の靴下を用意するようにしましょう。

これからの季節、「10月~4月」の肌寒いときは、見せる用の靴下を。「5月~9月」は見せない用の靴下を履くようにすればよいでしょう。

ジーンズのようなラフなものから、スラックスのようにきれいめなものまで、さまざまなボトムスと相性抜群です。