「ティッシュどうぞ」をある伝え方に変えたら、受けとる人が1.3倍に!?

街頭でのティッシュ配り。駅前などでよく見かけますが、受け取らずに通りすぎてしまうことも多いものです。寒空の下、道ゆく人に避けられ、ふるえながらも声をふりしぼる……まるで、現代版・マッチ売りの少女です。

そんなティッシュ配りで定番の伝え方と言えば、

「ティッシュどうぞ!」

これを、伝え方の技術「相手の好きなこと」でつくると、

「この季節、あると便利ですよ。ティッシュどうぞ!」

相手の好きなことをもとに伝えると、印象がいい上に、相手がこちらのお願いにこたえてしまうと『伝え方が9割』で解説しましたが、実際ちゃんと、そのとおりになるでしょうか。

2018年12月。調査は行われました。

さて、気になる結果は、こちらです。

<ティッシュを受けとった人数>

・伝え方の技術なし

206人/1,000人

・伝え方の技術あり

263人/1,000人

伝え方の技術ありのほうが、実に、

約1.3倍の人がティッシュを受けとった

という結果に。

池袋警察署の許可を得て調査実施。
調査員が2人組となり、池袋駅前の路上にて1週間にわたって声かけを行いました。だれが配るかで差が出ないよう、同じ調査員で時間を区切り「伝え方の技術なし/あり」の両方を調査しました。

配布を行った学生も、伝え方を変えたときに、リアクションの変化を感じた模様です。

学生から、
「伝え方を変えたら、興味を持ってくれる人が増えた」
「風邪を引いていそうなマスクをしている人が相手だと、特に効果があった」
といったコメントが上がりました。

変わったところでは、
「ユーモアあるね、と褒められた」
との声も。

わざわざ好意的に話しかけてもらえるあたり、ティッシュ配りでは、伝え方の技術が有効だと分かりました。

条件によっては効果が出ないものも

つづいての実験は、立教大学のキャンパスにて行われました。
約2万人もの生徒数を誇る、立教大学。休み時間には、講義棟が学生でワッとあふれかえり、エレベータ待ちの行列ができてしまうこともしばしば。
そこで、もっと階段を使ってもらうべく、2種類の貼り紙をつくりました。

ひとつは、伝えたいことをストレートにコトバにしたもの。

「階段を利用してください」

もうひとつは、伝え方の技術「相手の好きなこと」を使って、

「エレベータ待ちで2分、階段で20秒」

と書いたポスターを掲載しました。

階段のほうがずっと早く着きますよ、と学生にとってのメリットを具体的な数字つきで伝えています。

結果は、こちら。

<1,000人中、階段を利用した人数>

・伝え方の技術なし

668人/1,000人

・伝え方の技術あり

695人/1,000人

伝え方の技術ありのほうが

約1.04倍の人が階段を使った

という結果に。あまり変わらなかった、と言っていいでしょう。

立教大学内にて調査実施。
昼の1時間に調査員が立ち、約1週間ずつ、「伝え方の技術なし/あり」の場合それぞれでカウントしました。

目的の階に早く着けるのはたしかに「相手の好きなこと」ではあります。

でも、相手はいつも講義棟を使っている学生たち。
調査後、学生たちに話を聞いてみると、

「講義があるのはだいたい1階か2階なので、もともと階段しか使わない」
「遅刻になるかならないか、ふだんからギリギリの駆け引きをしているので、知らされなくても階段の方が早いのは体で知ってる」
などの意見が。

伝える相手にとって、本当にメリットになっているかどうかは、よく検討する必要があると分かりました。