ソースネクストの松田憲幸社長は、創業当時は毎日のように店頭でみずからソフトウェアを販売していた。今も、年に数回は現場に向かう。そのときどきのお客さまのITへの感度を確かめたり(たとえば、ひと昔前には「Wifi」は年配の方には通じないことが多かったが、今やほとんどの人には説明不要だ)、さらなるブラッシュアップのヒントを得るためである。今回は、12月6日に発売された新型の「ポケトークS」へのお客さまの反応を見ようと家電量販店にやってきた。松田社長の販売員ぶりや、その着眼点に密着した。

 12月のある週末のお昼12時すぎ。

 都内某所にあるヨドバシカメラ2階の電子辞書売り場に、ソースネクストの松田憲幸社長の姿があった。その目的は、12月6日に新型機を発売して快進撃がつづくAI通訳機「ポケトーク」を自身の手で販売し、お客さまの声を直接聞くためだ。

 一般に「社長が登場!」と銘打って人を集め実演販売する“パフォーマンス”としての社長の直接販売はよくある。しかし、松田社長は店頭では「一販売員」に徹し、必要が生じない限りは社長とも名乗らない。

 創業当時から、みずから店頭に立って販売し、ときには自社製品と関係ない売り場に案内したりもする。かつては自社のソフトウェアを売るために、まだ十分普及していなかったパソコンを(もちろん大手メーカーのものであって、自社の利益には一銭にもならないが)売りまくったこともある。でも、そうして店頭に立っているからこそ、お客さまや小売店の「今ほしいもの」「今困っていること」がわかる、というのを松田社長は痛感している。

 今回、松田社長がもっとも知りたかったのは、今ソースネクストが一押しで売り出しているAI通訳機「ポケトーク」に対する反応である。明石家さんまさんが登場するテレビCMでもおなじみだろう。

「ポケトーク」は現在までに累計60万台売れている。単価約3万円の商品としては異例の数字である。

 しかも、12月6日に3号機にあたる新型「ポケトークS」を売り出したばかりだ。この「S」では、初めてカメラ翻訳機能や英会話レッスン機能が搭載されたうえ、形状も小さく軽くなった。また、この「S」発売と同時に、直前の2号機「ポケトークW」は従来と比べて1万円安く、1万9800円に値下げされた。

 果たしてお客さまには、新機能が搭載された2万9800円の「S」と、1万円安くなった「W」のどちらが響くのか?

エスカレーター周辺も「ポケトーク」祭り

 売り場は、1階から上がってくるエスカレーターのすぐ正面付近に設置されていた。このヨドバシカメラ店内でも、売り場だけでなく、エスカレーター周りなど、あちこちで「ポケトーク」が宣伝されている。

 「AI通訳機『ポケトーク』販売中でーす!」の声につられ、中高年層の夫婦、外国人の家族や友人連れ、若いカップルなど、さまざまなお客さまが足を止めていく。

 すると、松田社長はさっとお客さまのそばに立ち、相手の関心や疑問を探りながら、つぎつぎとポケトークのウリを繰り出す。

「今この店内ではデータ通信の4Gにつながっていますが、Wifiでもどちらでも対応できます。毎月の使用料はいりません。2万9800円で2年間使い放題です」

「今ここで買っていただけたら、契約なども不要で、すぐにお使いいただける。たとえば、これを持ってパリに行っても設定は一切必要なく、すぐにそのまま使っていただけます」

「英会話の勉強にもお使いいただけます。いま35%のお客さまが実際に、英会話の勉強に使われています

「こちらの新製品では、入国審査官とのやりとりなど、36シーンの英会話レッスンがついていて、これさえあれば英会話学校に行かなくても1人で練習できるんです。すごく便利じゃないですか?」

翻訳機ではシェア95%と圧倒的に売れています」

「その国で話されているのが何語かわからないことってありますよね。これなら、国名を選べば、自動的にその国で使われている言語リストが表示されます」

 一組のお客様に応対すること、平均約10分ほどだろうか。

 「じゃあ1台買います」と言ったお客さまには大きな声で「ありがとうございます!!」。さらに「お色はどうされますか。いま人気で言えば、1位がゴールド、2位がホワイト、3位がブラック。それから12月13日にレッドも発売されました」と色の人気度もすかさず伝える。

店頭でポケトークを試してみるお客さま

 隣り合わせの売り場で、カシオやシャープの電子辞書をずっと比較検討していた外国人の男性が、ふらりとやってきた。松田社長は英語で話しかける。どうやら、そのお客さまは日本語がごくわずかしかわからず、日常のコミュニケーションの補助として電子辞書を探していたようだった。その男性は「ポケトーク」を使って、「What the hell are you talking about?」などとhellが含まれた文章でも正しく訳されるか試している。

 松田社長は、英語で売り文句を畳みかける。結局、彼も1台購入し、「Well done!」と言い残して去っていった。

「息子の勉強にも使えるわ。だから色は赤じゃないほうがいいかしらね」と購入されたご婦人もいた。

 松田氏の今日の戦績は、3時間で15戦7勝。「今日はお買い上げいただけなかったけど、別の日にほかの店で買ってくださりそうなお客さまも2~3名いらした」と、お客さまの製品を試したときの反応に手ごたえを得たようだった。

 ちなみに、「ポケトークW」は従来と比べて1万円値下げされているのでお得感があるが、新型の「ポケトークS」に搭載されているカメラ翻訳や英会話レッスン機能がない。全体の売れ行きを比較してみると、東京では9:1で「ポケトークS」のほうが多いが、価格に敏感な大阪では半々とのこと。

「来週は大阪で店頭に立って、価格にシビアなお客さまの反応をこの目で確かめてきます」と、松田氏の現場巡りはつづく。