クリスマスはもう目前! 先日、この連載でご紹介した『今年のクリスマスプレゼント 彼女に贈るべきジュエリーは?』は、見ていただけましたか。この連載では耳のジュエリーのおすすめを多数ご紹介してきました。ですが、プレゼントジュエリーの鉄板といえばネックレス。ネックレスの購入を考えている方も多いと思います。
そこで、今回はプレゼントにおねだりするにせよ、自分で買うにせよ、ちゃんと抑えておきたい、似合うネックレスの見極め方、長く使えるネックレスの選び方についてご紹介していきます。
教えてくれるのは、ファッション業界の、おしゃれ上級者たちも憧れるジュエリーディレクター・スタイリストの伊藤美佐季さん。その美しいスタイリングと、本当に良いものを見抜くセンスは、「伊藤さんが選んだものが、次に流行るジュエリー」と言われるほど。
著書『そろそろ、ジュエリーが欲しいと思ったら』の中から、そんな伊藤さんの、長く使えるジュエリー選びと、おしゃれに見えるつけ方のコツをご紹介していきます。

顔の大きさ、首の長さで、
ネックレスが似合うかどうかが決まる

Photo by 成尾和見

 ネックレスは、クリスマスプレゼントで最も人気のあるアイテムです。どうせ買うなら、毎日使えるものを手に入れたいですよね。

 シンプルなプチネックレスは、指輪のようにサイズがあるわけでもないし、誰にでも似合う鉄板アイテムだと思っていませんか?

 実は、ネックレスが似合うかどうかは、首の長さと顔の大きさで決まります。まず、ネックレスは首元に着けるアイテムですから、やはり首が短い人よりは長い人のほうが似合います。そして、長さもあってほっそりしていれば、申し分ないといえるでしょう。

 逆に、首が短かったり太かったりする人がネックレスを着けると、より一層首の短さや太さを強調してしまうことになりかねません。ジュエリーの役目は、あくまで着ける人を素敵に見せること。体型に合わないものを無理に着けると逆効果になってしまうこともあるので、十分注意してください。また、肩幅が広い人も、ネックレスには向いていません。ネックレスを着けるとそこに視線が集まるので、相対的に広い肩幅を強調することになってしまうからです。

 つまりネックレスが似合う人は、小顔で長く細い首、そして肩幅が広くない人、ということになります。ただ、これは鎖骨の真ん中に小さなペンダントトップがくるいわゆるプチネックレスの場合。胸元まで垂れ下がるようなロングネックレスやペンダントなら、比較的誰にでも似合いますので、こちらを試してみてくださいね。