「どこで仕事をしたらいいのか…」と働く場所を求めて、さまよっている“仕事難民”も増えている。

 仕事は自由にできないし、仕事も減らない。だからといって、深夜まで残業していた時代には逆戻りできない。働く時間が制限される中、うまく対応していくしかないのだ。

 この問題をクリアするには朝の時間を活用する、いわゆる「朝活」が必要になる。今や「朝活できたらいいな」というレベルではなく現代人の必須項目だ。これをマスターしない人は令和の時代はやっていけなくなるだろう。

 今までちょっとネガティブな方向で話をしてきたが、朝活はそれだけではない。

 朝活によって、マストだけでなくウオント、つまり「これをしたい!」「あれも手に入れたい」といった時間にもあてられる。

 今まで「時間がなかったから…」とあきらめていたことも、できるようになるということ。自分磨き、趣味の拡充、人脈獲得、健康増進、副業などなど。

 これからの人生を豊かにするアイテム、そしてあなたが欲しい結果を手にするチャンスが生まれる。

無理に早起きしても
絶対に続かない

 私自身も朝活によって多くのものを手にしてきた。もともと私は筋金入りの超夜型人間だった。深夜の24時より早く寝た記憶はない。そんな私でも「これからは心を入れかえて朝活するぞ!」と思ったことが数回あった。

 当時の私は一気に結果を出そうとする傾向があり、今までの起床時間より気合を入れて2時間早く起きたものだった。