40歳を目前にして会社を辞め、一生懸命生きることをあきらめた著者のエッセイが、韓国で売れに売れている。現地で25万部を突破し、「2019年上期ベスト10」(韓国大手書店KYOBO文庫)、「2018年最高の本」(ネット書店YES24)に選ばれるなど注目を集め続けているのだ。
その本のタイトルは、『あやうく一生懸命生きるところだった』。何とも変わったタイトルだが、現地では、「心が軽くなった」「共感だらけの内容」「つらさから逃れたいときにいつも読みたい」と共感・絶賛の声が相次いでいる。日本でも、東方神起のメンバーの愛読書として話題になったことがあった。
そんなベストセラーエッセイの邦訳が、ついに2020年1月16日に刊行となった。この日本版でも、有安杏果さんから「人生に悩み、疲れたときに立ち止まる勇気と自分らしく生きるための後押しをもらえた」と推薦コメントが寄せられ、発売即大重版となるほどの売れ行きとなっている。多くの方から共感・絶賛を集める本書の内容とは、果たしていったいどのようなものなのか? 今回は、本書の日本版から抜粋するかたちで、年齢を重ねることについて触れた項目の一部を紹介していく。

ある日の「ソン・シギョン事件」

 自分も年を取ったものだと、ふと感じる瞬間がある。最近では、”ソン・シギョン(※)事件”が記憶に新しい。

※2000年にデビューした韓国の男性バラード歌手。日本でも活動中

 それは、帰宅途中のバスでの出来事だった。

 窓の外を流れゆくネオンが美しく、運転士がチューニングしたラジオからはソン・シギョンの歌が流れていた。雰囲気に酔ってしまったのか、何の気なしに僕は「いい声だなあ」なんて思ってしまった。

 ……ああ、来るところまで来てしまった。男の僕がソン・シギョンの歌声を甘美だと感じるなんて、どうかしてるぜ。

 これまでもソン・シギョンの歌はずいぶん耳にしてきたが、ただの一度も胸に響いたことなんてなかった。男性も年を取ると女性ホルモンの割合が高まるというから、ホルモンがそうさせたに違いない。

 その夜、僕は女性ホルモンに打ち勝とうとアクション映画を見た。

「年相応」という足かせを外す方法

 でも、年を重ねるごとに得体の知れない何かに追われているような気がするのは、自分だけなのだろうか?

 年齢による焦りを少しでも減らそうと、自分の公称年齢をさば読むことにした。いや、さばを読むだけじゃなく、実際に若いと思い込むのだ。

 冷静に実年齢で考えれば、「いい年してこんな駄文を書いてないで、1ウォンでも多く稼げよ。まだ青春時代のつもりかバカ」という思いが頭から離れなくなるからだ。

 大人たちが「自分があと10歳若かったら」なんて言葉を口にするのも、すべてそんな理由だ。挑戦したいことがあるのに年齢を理由にあきらめるなんて、どんなに悲しいか。

 さて。となると、まずは何歳でいくか? コンセプトを定めなくては。

 一体何歳ぐらいなら、興味優先でやりたいことにチャレンジしても許されるだろうか? 気持ち的には20代といきたいが、それではあまりにも厚かましすぎる。

 そうだ、32歳がいいんじゃないかな? ……ああ、本当に32歳に戻れたなら、何だってやれそうな気がする。どうしてリアル32歳のときにそれに気づけなかったんだろう? やれやれ……。

 ともかく年齢は決まった。大学を卒業後、社会人生活を数年経たのち、面白い仕事をするために、儲けを度外視して新しいことに挑戦する32歳の男。それが僕のコンセプトだ。

 誰かをダマすためではなく、自分自身をダマすためだ。みんなも認めてくれるなら、もっとなりきれそうだから、よろしくな。