家計消費支出などの
落ち込みは明らか

 総務省が公表している家計調査の2人以上世帯の実質消費支出を見ると、昨年10月で前年同月比5.1%減、11月で2.0%減だった。

 業界団体の12月データでは、全国食品スーパー売上高(既存店ベース)で前年同月比1.0%減、全国コンビニエンスストア売上高(既存店ベース)で前年同月比0.3%減だった。

 日銀が発表している消費活動指数で見ても、消費増税が行われた10月の落ち込みは明らかだ。(図表1)

 一方で、生産活動の状況はどうか。経産省が発表している鉱工業生産指数の地域別数字で見ると、各地域ともに低下している。台風の影響が比較的少なかった近畿も、関東と同じように低下している。(図表2)

 生産の減速を台風のせいだけにはできないのではないか。