アドセンス収益の減少。なぜ?

 四半期ごとの推移を見てみると、第1四半期と第2四半期で連続して減少しているのです。下記のグラフを見てください。

 UUUMとしては、アドセンス収益以外の売上でカバーしたいところですが、企業とのタイアップ案件もそこまで大きく育っているわけではなく、しかも、2020年5月期の第2四半期から減少に転じてしまっています。そのため、アドセンス収益の減少がダイレクトに売上減少に結びついてしまったのです。

 ではなぜアドセンス収益が減ってしまったのか?

 アドセンス収益を「動画再生回数」と「1再生あたりの広告収入」の2つの要素に分解して、その要因を分析してみます。

 まず、「動画再生回数」については、2020年5月期の第1四半期は116億回再生だったのが、第2四半期では109億回再生と、減少に転じています。下記のグラフを見てください。

 そして、「1再生あたりの広告収入」は、2019年5月期の第4四半期では0.310円だったのが、2020年5月期の第1四半期では0.265円に急落しました。下記のグラフを見てください。

 したがって、第1四半期の減少要因は「1再生あたりの広告収入」、第2四半期の減少要因は「動画再生回数」にあることが読み取れます。さらに掘り下げてみましょう。