周りに協力してもらえず、ひとりで仕事を抱えてしまう。忙しい先輩や上司も、快く動いてくれる伝え方を知りたい。そんな方のために、先日発売された『まんがでわかる伝え方が9割[強いコトバ]』より、相手が思わず「いいよ」と言いたくなる「ノーをイエスに変える」技術を紹介します。(構成 辻井葉子)

デキる人を味方にする! 相手がやりたくない仕事はどう頼むのが正解?

重症の「伝えベタ」で仕事がうまくいかず、悩んでいたヒナ。
伝説のオネエ編集長マリアに「伝え方の技術」を教えられたことで、少しずつ仕事で認められるようになります。

そんなとき、ヒナのチームに未だかつてない大きな仕事の依頼が入ります。

営業 「みなさん驚かないでくださいよ。オーロラ製薬の『ジェラシー』の広告依頼がきました!」

ヒナ 「ええっ。日本で1番売れているシャンプーじゃないですか」

しかし、同じオーロラ製薬の仕事で過去に苦い経験のある上司は、仕事を断ります。

上司「パスだ」

初めてのビッグチャンスを逃したくないヒナは、チームのメンバーに挑戦を呼びかけますが……。

ヒナ 「こんなチャンスないですよ! やりましょうよ!」

メンバー 「リーダーがやらないっていうんだ 無理だよ」

上司がやらないと決めたことで、メンバーの誰もがチャンスを諦めてしまいます。

その日の夜。
ヒナは、会社での出来事をマリアに愚痴りはじめます。

「まったく意味がわからないっ。あんな大きなチャンスもう二度とないですよ」

すると事情を聞いたマリアは、「伝え方」次第で協力者も増やすことができると言います。

「伝え方さえ間違わなければ きっと賛同してもらえる」

「『ノー』を『イエス』に変える技術を使えばいいのよ」

「は? そんな事ができるんですか?」

マリアがいう『ノー』を『イエス』に変える技術とは?
ヒナは本当に伝え方を変えるだけで、協力者を増やせるのでしょうか?