3日の米株式相場は急反落。連邦準備制度理事会(FRB)は緊急利下げを実施したものの、新型コロナウイルスの感染拡大が景気低迷を招くとの市場参加者の懸念を払しょくするには至らなかった。  ダウ工業株30種平均の終値は前日比785.91ドル(2.94%)安の2万5917.41ドル。S&P500種指数は86.86ポイント(2.81%)安の3003.37、ナスダック総合指数は268.07ポイント(2.99%)安の8684.09で取引を終えた。  利下げ発表を受けて相場は荒い動きとなった。