新大型客船3代目 「さるびあ丸」は
2020年6月25日に初就航!

さるびあ丸の完成イメージ東京から大島まで、夜行便として最短6時間の船旅が楽しめる ※所要時間は時期によって異なる ※完成イメージ

 1992年から運航していた2代目「さるびあ丸」から名前を引き継いだ、新大型客船3代目 「さるびあ丸」が、2020年6月25日に初就航します。通常は、東京・竹芝桟橋を22時に出航し、大島~神津島へ運航しますが、就航初日に限り、東京・竹芝桟橋を22時30分に出航し、三宅島~八丈島へ向かう2代目「さるびあ丸」と同時刻出航となります。

 新大型客船3代目 「さるびあ丸」は、全長約118m、幅約17mの大きさで、総トン数は約6200トン。2代目「さるびあ丸」から約1200トンアップとなりました。

●デザイン

特等室高級感漂う特等室(6室) ※イメージ画像
特1等室4名定員の2段ベットタイプの特1等室(6室)。家族やグループでの利用におすすめ ※イメージ画像

 ジェット船「セブンアイランド結」と同じく、カラーリングデザインは美術家の野老朝雄氏が担当。「繋げること」をテーマに幾何学の原理を用いてデザインされた、スタイリッシュな船体が特徴です。

 青と白を基調とした、おしゃれな客室や船内が、楽しい旅気分を盛り上げてくれます。

2等椅子席2等椅子席はリクライニングシートタイプ。ロールカーテンを下ろせば、隣席との仕切りができる ※イメージ画像