その病気の正体は命を脅かすほど危険なものでした
その病気の正体は命を脅かすほど危険なものでした Photo:PIXTA

下腹の奥に広がる“激鈍痛”
「急性胃腸炎」と診断された

「なんかおかしいぞ、下痢でもしたのかな」

 夏の終わりのある朝、タケシさん(仮名・53歳)は下腹部に違和感を覚えた。へそ下10cmあたりの奥のほうが、痛いというよりは圧迫されているような、重くて苦しい感じがした。だが、特につらくはなかったのでそのまま出勤すると、時間の経過とともに、腹のなかが「腫れて」いるように苦しくなり、やがて鈍く痛みだした。指で押すと「うぅ」という呻き声が漏れるほど痛かった。腹を下したときとは明らかに違う、経験したことのない痛み。

(もしかして前立腺の病気かも)

 頭をよぎったのは父親も祖父も患った、前立腺の病気だった。我慢して、自分をだましだまし仕事を続けたが、ついに耐え難い痛みが下腹部全体に広がり、身体を折ってうずくまってしまった。刺すような痛みとは違う、重たく苦しいその痛みを、タケシさんは「激鈍痛」と呼ぶことにした。

 そして17時ごろ、脂汗を流しながら会社の近くにあるかかりつけ医を受診。

「激鈍痛なんです。下痢とか胃腸炎とか、これまで経験した症状とはぜんぜん違う痛みなんです」

 懸命に訴えたが、20年来の馴染みの医師の診断はありふれたものだった。