消毒液は作り置きしても効果があるのか

 先ほどの解説の中にも登場した塩素系漂白剤の消毒液ですが、すぐに使えるように作り置きしておくのがいいのか、あるいは消毒するたびに新しく作るのがいいのか。より有効な消毒の仕方はどちらでしょうか?

 塩素系漂白剤の作用は非常に強力なので、市販の商品を原液のままでは使いません。消毒に適した次亜塩素酸ナトリウムの濃度は0.05%以上なので、この濃度になるように使う前に水で薄める必要があります。

 なかには、消毒するたびに薄めるのは面倒だからと、希釈液を多めに作っておく人がいるようですが、時間がたつにつれて効果が薄れていくので、作り置きはしないほうがよいでしょう。

 消毒液の作り方にも注意が必要です。行政などのホームページには、ペットボトルのキャップ1杯分(5ml)を500mlの水で希釈すると書かれたものがありますが、じつはメーカーや商品によって原液の濃度は異なっています。薄め過ぎたら消毒の効果が低下してしまうので、商品パッケージやホームページをよく見て、正しく希釈して使うようにしましょう。

布マスクを安全に再利用する洗い方とは

 全世帯に2枚届けられる“アベノマスク”。こうした布マスクは繰り返し利用することが可能ですが、誤った洗い方をすれば、逆に感染リスクが高まる可能性があるので要注意!

 洗い方の正解としては、洗剤で洗って、さらに塩素系漂白剤で消毒がベストです。まず水を溜め、衣料用洗剤を使用量の目安に従って溶かして、布マスクを10分浸します。もみ洗いはNGで、繊維を傷めないように、軽く押し洗いする程度にとどめるのがポイント。

 それから水ですすぐと汚れは取れますが、まだウイルスが残っている可能性があります。そこで、できれば塩素系漂白剤の希釈液に10分浸してください。使い方の表示などを見て、次亜塩素酸ナトリウムの濃度が0.05%以上になるように希釈して消毒しましょう。その後、しっかりすすいで陰干しすれば、安心して使うことができます。