米トランプ政権は15日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)が外国半導体メーカーから製品を調達するのを阻止するため、新たな輸出規制を発表した。  これは、米国のソフトウエアや技術を利用する外国メーカーに対し、米当局の認可を得ない限り、ファーウェイへの半導体の供給を禁じる内容だ。  この新制度により、米商務省は半導体受託生産(ファウンドリー)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)からファーウェイの半導体設計部門、海思半導体(ハイシリコン)への半導体供給を阻止できるようになる。