新・独学術 外資系コンサルの世界で磨き抜いた合理的方法
Photo:PIXTA

ダイヤモンド・プレミアム(有料会員)ならダイヤモンド社のベストセラーが電子ブックでお読みになれます!月ごとに厳選して提供されるダイヤモンド社の話題の書籍から、ここでは一部を抜粋して無料記事としてお届けします。全体をお読みになりたい方はぜひダイヤモンド・プレミアム(有料会員)にご登録ください!今回は2020年6月提供開始の『新・独学術 外資系コンサルの世界で磨き抜いた合理的方法』。ビジネスパーソンにとって必要な学びをお届けします!

はじめに──ビジネスに必要な知的能力を高める

MBAもコンサルタントも「エリート」ではない

 私は三菱商事に約7年間勤めた後、シカゴ大学でMBA(経営学修士)を取得し、その後コンサルタントとしてマッキンゼーに勤務していました。現在は外資系投資会社で働くかたわら、京都大学博士課程でファイナンス理論の研究をしています。「海外MBA」や「コンサルタント」と聞くと、地頭がよくて、苦労なくエリートコースを邁進してきた人、というイメージを持たれる人もいるかもしれません。私も商社に勤務していたころは、MBAやコンサルタントについて漠然とそんなイメージを持っていました。

 事実、2000年ごろまでに海外のMBAコースに留学した日本人の多くは、一流企業の優秀な幹部候補でした。

 マッキンゼーやボストンコンサルティンググループなどの戦略系コンサルティング会社においては、大前研一氏や堀紘一氏のような、世界に通用する知性を持ったカリスマコンサルタントたちが活躍していました。

 しかし、いまや時代は大きく変わり、MBAホルダーもコンサルタントも特殊で珍しいものではなくなりました。