コロナ,BCP
写真はイメージです Photo:PIXTA

新型コロナウイルスの感染者数が減少傾向にあるとはいえ、社員を感染から守るための対策を続けていく必要があります。しかし、対策を続けていても社員が感染してしまったら、どう対応すればいいのでしょうか。今回は、あなたの会社の社員が新型コロナウイルスに感染した場合、企業の人事部などが「すぐ・絶対」にやるべきことをまとめたチェックシートを、プリンシプルBCP研究所の林田朋之所長が紹介します。

 前回は、社員を新型コロナウイルス感染から守るための考え方や施策例についてお伝えしました。しかし、さまざまな施策を行ったにもかかわらず、社員がコロナに感染してしまったら、社員の健康管理を担っている人事部門と危機管理部門は、どのように対応すべきでしょうか。

 最も重要なテーマは、「感染を拡大させない、クラスターを作らない」ことです。

 現在までに、多くのコロナ関連情報に触れてきたほとんどの社会人には、新型コロナウイルス(COVID-19)に対するそれなりの知識があります。きっとあなたの会社の社員も、感染防止のためにマスクを着用し、人と社会的距離を保つようにしていることでしょう。

 それらを踏まえ、全社および人事、危機管理部門の対応において重要なポイントとなるのが「エスカレーション」と「感染者・濃厚接触者の調査と記録」の2つです。以下で、詳しく解説していきましょう。

(1)エスカレーション
社員の感染を経営陣に緊急報告

 危機管理担当者だけでなく、社員は誰でも、社内で感染者が判明したらすぐに上司あるいは危機管理部門および人事部門に連絡し、その事実を社長および危機管理担当役員、人事管理担当役員に速やかに報告します。

 このような重大事案を経営陣に緊急報告することを危機管理では「エスカレーション」といいます。

(2-A)感染者・濃厚接触者の調査と記録
感染者の行動・高リスク度を調査・記録

 次に、感染者および濃厚接触者の調査内容を詳細に記述・管理します。調査項目は管理シートとしてデータベース化し、何月何日何時何分に誰が何をしたというレベルの詳細な行動内容を記録します。

 後にクラスターが発生したなど、社会的影響が大きい事態になった場合、保健所への情報提供や、会社として社長が記者会見を行うことも想定しておいてください。ここでは、当研究所作成の「COVID-19 感染調査シート」「COVID-19 濃厚接触者管理シート」に従い調査管理内容を解説します。