いま日本では、後継者不足で事業承継ができずに悩んでいる中小企業が増えている。これまで頑張ってきたものの、コロナ禍によって、事業継続をあきらめた人も多い。そんななか、個人によるM&Aが注目を集めている。日本創生投資のCEOで、『サラリーマンがオーナー社長になるための企業買収完全ガイド』を上梓した三戸政和氏に、個人が会社を買うことのねらいやポイントを聞く。

M&Aでは何が得られるのか

 そもそもなぜM&Aをするのでしょうか。個人M&Aの観点から、この点について押さえておきましょう。

 なぜM&Aをするのかは、M&Aで得られるものを考えてみればわかります。それを得られるがゆえに、多くの人がM&Aに乗り出していくのです。

 M&Aで得られるものは何か。

 まずは「時間」です。

 すでにでき上がっている会社を買うことは、「会社を立ち上げて安定させるまでの時間」を買うことでもあります。安定した会社に成長させるまでの試行錯誤のプロセスも必要なくなりますから、お金で「リスクヘッジ」をするとも言えます。

 起業した経験のある人ならわかると思いますが、会社や事業を立ち上げて安定軌道に乗せるまでには相当の時間がかかります。いろいろなミスやトラブルが起こりますし、大きな損失を招くこともあります。