チャットに関しても、最低限の量のメッセージでとどめることが、ビジネスパーソンの心得(写真はイメージです) Photo:PIXTA

新型コロナウイルス予防で、リモートワークやWEB会議など“新しい働き方”が急速に増えています。取引先に直接赴く機会が減っている一方で、社外・社内ともに電話やメールでのやり取りが増え、さらにビジネスチャットやZoomといった新たなツールも増えている今、これまでのビジネスマナーをアップデートする必要があるでしょう。そこで今回は、これまで“すぐれたビジネスパーソン”を多数取材してきたカデナクリエイトの『ビジネスマナーこそ最強の武器である』(青春出版社)から、電話やメールに関する最新のビジネスマナーを紹介します。

Slackなど気軽なビジネスチャットで気をつけたいマナー

 社内でのやり取りで、Slackやチャットワークなどのビジネスチャットを導入する企業が増えています。その最大の強みは、メールよりも、気軽でスピーディなやり取りができることです。

 まだ導入してから日が浅い職場では、使い方のルールやマナーが定まっていないことが多いようですが、次のようなイメージで使うのがおすすめです。もし職場の上司や同僚に不慣れな人がいるなら、先んじて職場全体のルールにするよう働きかけましょう。