乗り心地は軽スーパーハイトワゴンとして、かなりしっとりしている。シートの座り心地は優しく、ワンクラス上級な印象を受ける。全高が高いこともあり、ステアリングを一気に切るようなシーンでは、車体はそれなりにロールする。同乗者がいる場合は、この点を考慮に入れてドライブしたほうがよさそうだ。

 とはいえ高速道路のカーブなどで、ステアリングをゆっくり切っていくような場面では、ロールは気にならず、スムーズに曲がっていける。マイパイロットを使って流れに乗った移動をこなし、ユースフルな収納を活用して山や海を目指す使い方が、このクルマに合っている。

 ターボエンジンはジェントル指向のeKスペースでも選べる。完成度の高い乗り味をシンプルかつプレーンなデザインとともに楽しみたいというユーザーは、そちらを選ぶといいだろう。

(CAR and DRIVER編集部 報告/森口将之 写真/小久保昭彦)

CAR and Driverロゴ