ダイヤモンド・プレミアムで「有料会員登録」すると動画の続きが見られる!

>>「有料会員登録」はこちら

*有料会員としてログインしている方は最初から「完全版」の動画がご覧いただけます
*音声は右下の音量ボタンで調整できます

コロナ禍を受けて、転職市場や人々の働き方や価値観はどのように変化したのか。「新時代の転職」を成功させる鍵とは?ベストセラー『転職の思考法』の著者、北野唯我氏とリクルートキャリアHR統括編集長の藤井薫氏、doda編集長の喜多恭子氏、リクルートワークス研究所の中村天江氏、パーソル総合研究所の小林祐児氏の5人による特別座談会をお届けします。

北野唯我さん(MC)

『転職の思考法』著者。兵庫県出身。神戸大学経営学部卒。就職氷河期に博報堂へ入社し、経営企画局・経理財務局で勤務。その後、ボストンコンサルティンググループを経て、2016年、ワンキャリアに参画。執行役員として事業開発を経験し、現在同社の最高戦略責任者、子会社の代表取締役を兼務。テレビ番組や新聞、ビジネス誌などで「職業人生の設計」「組織戦略」の専門家としてコメントを寄せる。
2019年5月から、840万件の社員・元社員のクチコミを見られるサイト「オープンワーク」のマーケティング戦略のサポートも担当している。最新刊は『OPENNESS 職場の「空気」が結果を決める』(ダイヤモンド社)。
藤井薫さん(リクルートキャリアHR統括編集長)

1988年にリクルート入社後、人材事業の企画とメディアプロデュースに従事し、TECH B-ing編集長、Tech総研編集長、アントレ編集長などを歴任する。2007年からリクルート経営コンピタンス研究所に携わり、14年からリクルートワークス研究所Works兼務。2016年4月、リクナビNEXT編集長就任。リクルート経営コンピタンス研究所兼務。著書に『働く喜び 未来のかたち』(言視舎)。
喜多恭子さん(doda編集長)

1999年、株式会社インテリジェンス(現社名:パーソルキャリア株式会社)入社。
派遣・アウトソーシング事業にて、法人営業として企業の採用支援、人事コンサルティング等を経験した後、人材紹介事業へ。法人営業・キャリアアドバイザーのマネージャーとして組織をけん引。その後、派遣事業の事業部長として、機械電子系の派遣サービス立ち上げやフリーランス雇用のマッチング事業立ち上げなどを行う。アルバイト求人情報サービス「an」の事業部長を経て、中途採用領域、派遣領域、アルバイト・パート領域の全事業に携わり、2019年10月より執行役員・転職メディア事業部事業部長に就任。2020年6月、doda編集長就任。
中村天江さん(リクルートワークス研究所 主任研究員)

1999年リクルート入社、就職・転職・キャリア形成支援の企画を経て、2009年研究所に異動。博士(商学)。
「労働市場の高度化」をテーマに調査研究や、未来の働き方の提言をしている。
近著は『採用のストラテジー』(慶應義塾大学出版会)、『マルチリレーション社会』(リクルートワークス研究所)。
小林祐児さん(パーソル総合研究所 上席主任研究員)

NHK 放送文化研究所に勤務後、総合マーケティングリサーチファームにて、各種の定量調査・定性調査・訪問調査・オンラインコミュニティ調査など、多岐にわたる調査PJTの企画-実査を経験。2015年入社。専門は理論社会学・社会調査論・人的資源管理論。現在の主な研究領域は働き方改革・ミドル・シニア層の活性化・転職行動とキャリア選択・就業における主観的幸福感・アルバイト・パート領域のマネジメント・大卒者の就職活動・アンコンシャス・バイアスなど多岐。