コロナ時代の転職を成功させる
最強のマインドセットとは

――コロナを次の転職に生かすためにはどのような視点が必要でしょうか。

moto 僕は、このコロナ下での行動によって、後々転職をするときに周りの求職者と自分を差別化できると考えています。コロナの影響は全産業に及んでいます。どの業界も何らかの形でダメージを受けているからこそ、「コロナ下で何を考え、何を実行したのか」が採用時の評価ポイントになります。これはかなりのチャンスです。

 例えば、前職のリクルートでは「アレオレ詐欺」というものがあるんですけど……。「ゼクシィの立ち上げを私がやりました!」という社員が100人いる、みたいな話です(笑)。

 ただ、一見すごそうな経歴を並べても、面接で話を聞けば真偽は分かります。「新規の立ち上げで大変だったのはどのような部分でしたか?」と聞いても答えが的を射ていない。よくよく話を聞くと、実は部屋の隅っこでテレアポしていただけ……というような話はよくあります。

 つまり、転職で大切なのは経歴の大小ではなくて「実直な自分自身の行動」です。厳しい状況の中で何をチャンスと捉え、どのような工夫をしたのか。そして、どのような結果を出したのか。転職する際にはこういったエピソードを踏まえた上で、「転職先で自分ができること、やりたいこと」をアピールするのがいいと思います。

Key Visual by Noriyo Shinoda