日本銀行
日本人投資家が日本国債を買う理由とは Photo:PIXTA

日本人投資家には、日本国債を買うインセンティブがある。彼らが買えば、日本政府は資金繰りが回るので、財政は破綻しない。(塚崎公義)

 新型コロナ不況への対応で、財政赤字が巨額に膨らんでいる。財政赤字を懸念する人もいるだろうから、財政に関する数回のシリーズを組むことにした。今回は、第2回である。

資金繰りが回れば破産しない

 企業であれ政府であれ、債務超過に陥ったら即破産するというものではない。資金繰りが回っていれば、破産はしないのである。もっとも、債務超過の企業に対しては、銀行などの債権者が不安になって返済を要求し、その結果として資金繰りが回らなくなり、破産する場合が多いだろう。

 一方で日本政府は、投資家たちが日本国債を買うインセンティブを持っているので、資金繰りが回り、破産しない。どれほど財政が赤字であっても、発行した国債を投資家が全部買ってくれるのであれば、日本政府は破産しないのである。