コロナ禍をきっかけにコンビニは姿を変えるか
コロナ禍をきっかけにコンビニは姿を変えるか Photo:Bloomberg/gettyimages

コンビニエンスストア復活の日は来るか――。コロナ禍を背景に、このところ既存店売上高がさえないコンビニ。世間的には「コンビニ飽和だ」「もうこれまでのように伸びていかないのではないか」という声も、以前よりも多く聞くようになった。しかし、大手コンビニは実はしたたかに、その姿を変えようとしている。(流通ジャーナリスト 森山真二)

コロナ禍で苦戦するコンビニだが
大手の客単価は増加傾向

 新型コロナの感染拡大で、コンビニ大手3社の4、5、6月の既存店売上高は手痛い打撃を受けた。大手3社の実績はというと、セブン-イレブン・ジャパンの既存店売上高は4月が前年同月比5.0%減、5月同5.6%減、2カ月連続で大幅な落ち込みを記録したが、6月は復調し同1.0%増となった。

 しかし、2位のファミリーマートは4月同14.8%減、5月同11.0%減、6月同8.2%減。3位のローソンは4月同11.5%減、5月10.2%減、6月同5.8%減といまだ「水面上」に出ることができず、苦戦している。

 セブン-イレブン・ジャパンがほかの2社に比べ早期に立ち直った理由はまた別に譲るとして、とにかく、少なくとも大手2社は大幅な落ち込みが続く。