Photo:PIXTA

腰痛に悩む日本人の数は約3500万人に上り、その約8割が原因不明だという。しかし、そのなかには股関節の疾患「変形性股関節症」が腰痛を招いているケースもあるという。腰痛だけでなく、放置し続けると歩行にも支障を来す恐れがある変形性股関節症について、神奈川リハビリテーション病院 病院長の杉山肇氏に聞いた。(清談社 真島加代)

誤診されやすい変形性股関節症

 腰痛に悩む中高年はとても多く、その原因はさまざまだ。なかでも見落とされがちなのが「股関節の変形性関節症」が引き金になる腰痛だという。

「変形性関節症とは、加齢によって骨をつなぐ関節軟骨がすり減って、関節を覆う滑膜(かつまく)に炎症が起きる病です。変形性関節症と聞くと、膝の疾患を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、すべての関節が変形性関節症を起こす可能性があるので、股関節も例外ではありません」

 そう話すのは、神奈川リハビリテーション病院の病院長である杉山肇氏だ。変形性股関節症は、膝の変形性関節症よりも圧倒的に患者が少なく、40代以降の女性に多い疾患だという。ただし「患者の数が少なくても、珍しい疾患ではない」と、杉山氏は指摘する。