写真はイメージです Photo:PIXTA

新型コロナウイルスの感染拡大によって、航空会社の運航は大幅に減少。旅客需要の低迷は今後もしばらく続くとみられ、各社窮地に立たされている。この難局を特に嘆いているのが、客室乗務員(キャビンアテンダント=CA)たちだ。フライト数が激減し、収入も急降下しているという。国内の大手航空会社に勤める現役CAに話を聞いた。(清談社 中村未来)

コロナの影響で月収は
30万円台から15万円に

「コロナで運行本数が激減したことで、航空会社の経営が危ないというのはニュースで報じられている通りです。ただ、その中でも特に不利益を被っているのが私たち客室乗務員(キャビンアテンダント=CA)だということは、あまり認識されていないように感じています」

 こう語るのは、国内の大手航空会社でCAとして働く入社3年目の山口貴子さん(仮名・24)。これまで最大で月90時間あったフライトタイムは、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化した3月末から徐々に減少。4月は海外のフライトが1本。5月になると0本になってしまった。