キレるおっさん化に注意
Photo:PIXTA

 人生100年時代の今では中途半端に若いが、定年や第二の人生も視野に……そんな微妙な年齢の55歳。しかし、今から行動することで、より次の人生が充実してくる。

 55歳からの人との付き合い方や、自分自身との向き合い方をどうするか。

『55歳からの時間管理術』(NHK出版新書)の著者で明治大学文学部教授の齋藤孝さん(59)は、まず心得ておくべきこととして、

「残念ながら、基本的に55歳の年齢の男性はそれほど好かれません。それを自覚しましょう」

 と念を押す。