写真はイメージです Photo:123RF

アマゾンは新興EVメーカーに
10万台を発注

 米国カリフォルニア州は6月末、「2045年に州内で走行するトラック、バンをすべてゼロ・エミッション(ZEV)、つまり電気自動車(EV)や水素(燃料電池車、FCV)など排気ガスを出さない車両に変更する」方針を打ち出した。

 条例としては2024年から施行され、まずデリバリーバンや大型トラックなどの商用車が対象となる。現在でもカリフォルニア州大気資源局(CARB)はメーカーに対しライト・デューティ・セグメントと呼ばれる中型バンなどにEV、水素を使用するモデルを追加するよう求めている。それが徐々に強制となり、最終的には州内の道路が走行できなくなる。

 企業側の努力はすでに始まっている。アマゾンは新興EVメーカー、リビアンに10万台のEVデリバリーバンを発注している。納車されれば世界最大級のEV流通ネットワークが構築される展開になる。テスラはセミという中型トラックのEVを発表しているが、この他にもニコラ・モーターズなどEVバン、ピックアップトラックに特化した企業が次々に生まれている。こうした企業と既存の自動車メーカーのEVバンが、競い合う図式になる。