VW・ID.3 9月からデリバリーがスタートするバッテリー電気自動車(BEV) Photo:VW

 EU(欧州連合)自動車市場に、電動車は普及するか――。

 いま、いちばんの懸念はCOVID-19(新型コロナウィルスによる感染症)蔓延による経済活動の停滞が自動車市場にどの程度の影響を与えるか、だ。ACEA(欧州自動車工業会)は、今年の乗用車市場は前年比25%減の960万台になると予想しているが、JATOなど市場調査会社は南欧のイタリア、スペイン、東欧のポーランドなどでマイナス幅が大きくなると見ている。理由は「財政的に見て、自動車市場を下支えできるような補助金の交付が難しいから」である。

 景気回復も自動車需要底上げも、国による予算措置が不可欠だ。ドイツは6月3日にBEV(バッテリー電気自動車)への連邦政府補助金を大幅に積み増す決定を下したが、この前後にVW(フォルクスワーゲン)はアピールを行った。

 同社は昨年4月以降、BEVブランドとして立ち上げる「ID」についてさまざまな情報公開を行っているが、5月にはジャーナリスト向けのメールマガジンの中で2019年4月に公表した「BEVのCO2(二酸化炭素)排出」を再び紹介した。〝環境に優しい〟と絶賛されるBEVにとって、ある意味で弱点をさらけ出すような内容である。

 VWは9月からIDブランド最初のBEVである「ID.3」の納車を開始するが、ドイツ政府がCOVID-19リカバリーの経済対策を検討するタイミングでリマインドしてきた点にVWの意図を感じた。

車両製造段階の
CO2排出量

 昨年4月から11月の間にVWが順次公開したデータから、何点かを紹介する。まず、BEVのCO2排出量だ。VWのディーゼル車(7thゴルフ)は車両製造段階のCO2排出相当量は29g/㎞。これに対して、7thゴルフのBEV仕様であるeゴルフは57g/㎞だと公表した。同モデルで通常のディーゼル車とBEVを比較した場合、BEVは製造段階で約2倍のCO2を排出しているというのである。