「なぜ、日本ではユニコーン企業がなかなか出ないのか?」――。
この疑問への1つの回答となるのが田所雅之氏の最新刊『起業大全』(7/30発売、ダイヤモンド社)だ。ユニコーンとは、単に時価総額が高い未上場スタートアップではなく、「産業を生み出し、明日の世界を想像する担い手」となる企業のことだ。スタートアップが成功してユニコーンになるためには、経営陣が全ての鍵を握っている。事業をさらに大きくするためには、「起業家」から「事業家」へと、自らを進化させる必要がある、というのが田所氏が本の中に込めたメッセージだ。本連載では、「起業家」から「事業家」へとレベルアップするために必要な視座や能力、スキルなどについて解説していく。

Photo: Adobe Stock

PMF後の最も重要な仕事は、
ミッション・ビジョン・バリューの策定

 スタートアップCXOにとってPMF後の最も重要な仕事の一つはミッション・ビジョン・バリュー(MVV)の策定である。CXO(事業家)は、MVVの策定を通じて最も本質的な問いをする必要がある。

 ・我々はなぜその事業をやるのか?(Mission:ミッション)
 ・我々はどこを目指すのか?(Vision:ビジョン)
 ・どのような基本指針/行動指針を持つのか?(Value:バリュー)

 MVVの明確な言語化は、スタートアップにとっての最強の武器の一つになる。

 CXOにMVVを作ったり、活用する能力が欠けていると、以下のような事態になり、成長の大きなボトルネックになってしまうので注意したい。

 ・企業のカルチャーを作ることができない
 ・会社のカルチャーに合った人を採用することができない
 ・メンバーのエンゲージメント(会社に対する愛着心)を高めることができない
 ・プロダクトの提案価値が弱くなる
 ・意思決定の質とスピードが落ちてしまう