「アパマンショップ」創業者で三光ソフランホールディングスの高橋誠一会長と、日本最大級の美容室「EARTH(アース)」の取締役で、10万部突破の『年収1億円になる人の習慣』の著者、山下誠司さんの対談が実現しました。対談第2回は、「お金持ちになる目的」について、お2人に語り合っていただきました。(構成・藤吉豊、竹崎祐子)

山下さんにとって、お金持ちになる目的は何ですか?

山下誠司(やました・せいじ)
(株)アースホールディングス取締役
(株)サンクチュアリ代表取締役
日本最大級の240店舗を展開する美容室「EARTH(アース)」を運営する、(株)アースホールディングス取締役[スタッフ3000名、年商180億円]。うち70店舗をフランチャイズ展開する、(株)サンクチュアリ代表取締役も兼任。(株)サンクチュアリは、自社から輩出したフランチャイズ30社とともに、関東、甲信越、東海、北陸、北海道、福岡で展開[スタッフ900名、年商50億円]。
1976年、静岡県生まれ。高校卒業後に上京し、19歳で年収180万円から美容師を始め、31歳で年収1億円を超える。19歳から23歳まで、ほぼ休みなく仕事をし、24歳から39歳までは、始発から終電まで365日、15年間、1日たりとも休みなく仕事。40歳からは、仕事と遊びの壁が、完全になくなる。愛車は、フェラーリ488スパイダー。趣味は「仕事」。

高橋:山下さんは、今、何歳ですか?

山下:44歳です。

高橋:44歳でこれほど徹底して「成功習慣」を身につけているのは、すごいことですよ。

私は、「お金持ちになるのは、何のためなのか」という「目的」を一番のポイントにしています。いろいろな人に、「お金があったら、どうして自分にプラスになるのか?」「どうしてお金が必要なのか?」とよく質問をするのですが、明確に答えられる人は意外と少ないですね。

確かにお金があれば好きなことができるし、物欲を満たすこともできる。ステイタスを得たいからとか、贅沢をしたいから、車がほしいから、家がほしいから、海外旅行に行きたいから……といった理由でお金持ちになりたい人もいます。

お金を稼ぐ目的は人それぞれで、10人に聞いたら、10人とも違う答えが返ってくると思うのですが、山下さんにとって、お金持ちになる目的は何ですか?

山下:もちろん私も洋服や時計、鞄を買いますが、それは物欲を満たすためではありません。美容業界に関わっている以上、身だしなみやファッションを整えておく必要があるからです。フェラーリも所有していますが、それも「夢を形として、社員に見せるため」です。フェラーリは、美容師の社会的地位を向上させる上でも、社員のやる気をうながす上でも、非常にわかりやすい「アイコン」になります。

私にとってお金は、「自分とまわりの人を幸せにする」ためにあります。お金は分かち合うものであり、還元するものです。事業を発展させるためにも、社員を育てるためにも、お金が必要です。

お金を自分のためだけでなく世の中のため、人のために使う。自分の将来だけでなく、たくさんの人の将来につながるように、お金をたくさん稼いで、たくさん使っていく。これが「年収1億円」を超えるためのヒントなのかな、と考えています。