「アパマンショップ」創業者で三光ソフランホールディングスの高橋誠一会長と、日本最大級の美容室「EARTH(アース)」の取締役で、10万部突破の『年収1億円になる人の習慣』の著者、山下誠司さんの対談が実現しました。対談第4回は、「知らないこと、分からないこと」について、お2人に語り合っていただきました。(構成・藤吉豊、竹崎祐子)

「素直に人の真似をする」ことが成功の近道

山下誠司(やました・せいじ)
(株)アースホールディングス取締役
(株)サンクチュアリ代表取締役
日本最大級の240店舗を展開する美容室「EARTH(アース)」を運営する、(株)アースホールディングス取締役[スタッフ3000名、年商180億円]。うち70店舗をフランチャイズ展開する、(株)サンクチュアリ代表取締役も兼任。(株)サンクチュアリは、自社から輩出したフランチャイズ30社とともに、関東、甲信越、東海、北陸、北海道、福岡で展開[スタッフ900名、年商50億円]。
1976年、静岡県生まれ。高校卒業後に上京し、19歳で年収180万円から美容師を始め、31歳で年収1億円を超える。19歳から23歳まで、ほぼ休みなく仕事をし、24歳から39歳までは、始発から終電まで365日、15年間、1日たりとも休みなく仕事。40歳からは、仕事と遊びの壁が、完全になくなる。愛車は、フェラーリ488スパイダー。趣味は「仕事」。

山下:高橋会長ほどのキャリア、実績、知見があれば、「もう人から教わることなどないのでは?」「知らないことはないのでは?」と思えるのですが、会長は、いつでも謙虚に学ぼうとされています。

第1回で紹介した小冊子の6番目にも「分からない事は分からないと言う。素直に教えを請うこと」と書かれていらっしゃいますね。

驚いたのが、「ライバル会社にさえ話を聞きに行く」という姿勢です。ジャカルタでは、ライバル会社に堂々と入っていって、「これはどうなっているの?」と質問されていました。

普通、プライドが邪魔をしてできないと思うのです。けれど会長はしっかりと質問をして、学んでいました。

しかも教わるだけでなく、「うちでは、ここは、こうしている」と自社のやり方をライバル会社に教えていましたよね。

「ライバル会社に教えてもらおう」という発想はなかなか持てないと思います。

高橋:すでに結果を出している人に教えてもらい、そのまま真似するが一番てっとり早いですからね。成功している人の真似をすれば、必ず成功します。

ただ実際は、成功している人の真似をしても、それだけでは成功しない人が9割です。

山下:なぜですか?

高橋:100パーセント、そっくりそのまま同じように真似をしようと思わないからです。

中途半端にプライドを持っていると、「なるほどな」と思っても、1割か2割は自分の考えを入れてしまう。だから失敗するんです。

山下:最初は教わったとおりに100パーセントの真似をする。自分の考えをプラスするのは、そのあと。完全に真似ができてから、ということですね。

高橋:そうです。最初は、成功している人にぴったりくっついていけばいいだけなんですよ。

成功している人の真似をすれば、その人と同じレベルに上がることができるわけです。自分で考えるのは、そのあと。まず、真似をする人と同じレベルに到達することだけを考えればいい。

山下:高橋会長が「駐車場事業」をゼロから立ち上げるとき、すでに駐車場事業で成功している同業他社に教えを請い、教えられた通りにそのまま真似をされたとうかがいました。

高橋:そうです。ある理事会に参加したとき、理事長が「コインパーキングは面白いよ」とおっしゃっていたので、理事長にお願いをして、「コインパーキングでもっとも成功している社長」の電話番号を教えていただきました。

その場ですぐに電話して、翌日その社長に現場を案内してもらって、利益の出し方まですべて教えていただきました。そして埼玉に戻ってから、そっくり真似してスタートしたんです。現在は1万台ほどで、売上は「年間約40億円」、利益は「約4億円」です。

山下:会長ご自身も積極的にコインパーキング情報やノウハウを発信、公開されていますよね。

高橋:北海道から沖縄まで、全国の不動産会社の社長を集めて、「新規事業をはじめたほうがいい」と教えています。「コインパーキングは低コストだし、安心してできるからやったらどうか」と。

けれど、実際にコインパーキングをはじめるのは、1割程度ですね。「そっくりそのまま真似してやろう」という意欲を持って新規事業に取り組む経営者は、思いのほか、少ない印象です。