「一見それほどでもない症状でも、実は放っておくとこわい症状も少なくないのです。最初は気にもとめないわずかな症状が、放っておくと、取り返しがつかない大病になることもあります」。そう話すのは、テレビでも人気の総合内科専門医・秋津壽男氏だ。体からのSOSサインに気づかず、後悔することになってしまった方をこれまでたくさん見てきたという。秋津医師の新刊『放っておくとこわい症状大全~早期発見しないと後悔する病気のサインだけ集めました』は、まさにこうした病気で後悔する人を少しでも減らしたいという想いから生まれたものだ。9月16日に発売となった本書の内容を抜粋するかたちで、自分や家族の健康チェックに役立つ情報を紹介していく。

Photo by Adobe Stock

料理の味付けがおかしくなったら、認知症を疑え

 年齢を重ねた方が、「最近、においがわからなくなった」と言い始めたら、医者は認知症を疑います。嗅覚は脳の一番原始的な感覚であり、嗅覚障害は認知症のごく初期にあらわれる症状だからです。

 認知症患者と健常者の嗅覚機能を比較した研究においても、認知症患者の嗅覚が低下していたことが明らかになっています。実際、認知症の人は鍋を焦がしたり、料理の味付けがおかしくなったりしがちですが、それも単なる注意力の欠如ではなく、鼻がにおわなくなっているためだろうといわれています。

 ちなみに、認知症とモノ忘れの違いは、ヒントがあると思い出せるのがモノ忘れ、思い出せないのが認知症です。たとえば「昨日食べた夕食は?」といわれて思い出せなくても、「ほら、中華料理のアレだよ」とか「ナスが入ってたよ」といわれて思い出せれば、単なるモノ忘れだといえます。それが、「昨日? 夕食食べたかな?」と、記憶が抜け落ちているのが認知症です。

(本原稿は、秋津壽男著『放っておくとこわい症状大全』からの抜粋です)