「まるでリアリティショーを見ているようだ」とCNNは伝えている。コロナに打ち勝った強い男のイメージを演出したかったのだろうが、ウイルスをまき散らしているのだから周囲の人々にとっては危険極まりない。

 専属医によれば大統領は回復しているが、まだ危機を脱していないという。米テレビメデイアはステロイド等の投薬によって一時的に躁の状態になっているのではないかと指摘し、国民を危機にさらしていると非難した。ホワイトハウス内ではさらに感染が拡大するのではないか。

 それでは、もしトランプの病状が悪化して執務ができなくなったらどうするのか。

 その場合は、合衆国憲法修正第25条第3項の定めにより、ペンス副大統領が一時的に大統領代行となり、トランプは回復した後に大統領に戻ることができる。

 ただし第4項2号では副大統領と閣僚の過半数が何らかの理由で大統領を不適格と判断した場合は、上下両院の3分の2の同意を得て、副大統領が大統領代行を続けられるとしている。あまりにもおバカで手のつけられない大統領が登場したときにお払い箱にするための先人の知恵だ。

 別の言い方をすれば、副大統領による「合法的クーデター」である。2017年には常軌を逸した言動のトランプに対して、弾劾よりも手っ取り早いこの手段を発動すべきだとの声が上がったが実現しなかった。ペンス副大統領がトランプと同じ価値観の持ち主だったからだ。

 万が一、そのペンス副大統領も職務執行できなくなった場合には、大統領継承法に基づき、下院議長が大統領代行となるが、現在は野党民主党のペロシ下院議長となるだけに与野党間で法廷闘争勃発の可能性がある。