病気を遠ざける「免疫力」は腸で作られるため、腸内環境をよくする食品をとることが重要、というのは、81歳の免疫専門医である藤田紘一郎氏の弁。いわく、健康長寿のために勧める食品には、野菜、発酵食品、肉や魚の骨から出るだしなど。それらの食品をスープでとるメリットは、体調が悪くても年をとっても体に吸収しやすいことです。
ウィズコロナの時代を生きるすべての人に手に取っていただきたい最新刊『免疫専門医が毎日飲んでいる長寿スープ』では、著者自身も毎日飲んでいる究極のスープはじめ、おいしく続けるための73レシピを紹介している。
この連載では、自分で免疫力を高める食事の法則や、著者が勧める『長寿スープ』のレシピなどをお伝えしていきます。

藤田家の食卓
~ある日の昼食~

 写真は私がいつも食べている昼食です。食材は変わっても、大体こんな感じです。メインのスープは骨つきの肉や魚をたっぷりの野菜と煮込み、溶け出たうまみや栄養を丸ごといただきます。それと、良質なたんぱく質を取り込むためのおかず、食物繊維やビタミン類が豊富で糖質控えめの玄米ベースのおにぎりです。腸を整える発酵食品として、チーズを混ぜ込んだりします。

 50歳を過ぎたら、これまで通りというわけにはいきません。食習慣を見直し、病気にかかりにくい体作りを目指しましょう。

本原稿は、藤田紘一郎著『免疫専門医が毎日飲んでいる長寿スープ』の冒頭からの抜粋です。『免疫専門医が毎日飲んでいる長寿スープ』では、腸内環境を整えて免疫力を高める「長寿スープ」のレシピがたっぷり収録されています。ウィルスが蔓延するこの秋冬、免疫力を高めて病気にならない体を手に入れてみませんか?(次回に続く)