生活費を確保するために
Aさんがするべきこととは?

 では70歳以降、毎月6万円、年間で72万円の収入を得るとしましょう。75歳まで働いたとすれば360万円の収入を得られることになります。そうすると、約92歳までカバーできることになります。

 働く期間をさらに3年間延ばして78歳までとすれば、95歳弱までカバーできる試算になります。78歳まで働くのは大変かもしれません、しかし今から生活費を削減し、少しでも収入を上げることができれば、そうする必要はなくなるはずです。

 今回の試算結果を踏まえつつ、またAさん自身の今後のライフプランと健康との兼ね合いで何歳まで働くのが良いのか、また生活費はいつから削減すれば良いのか考えていただきたいと思います。残念ながら、短期間で劇的に変化が出ることはありませんので、無理のない範囲で細く長く、また体調の負担にならない形で実行に移していただきたいと思います。

(ファイナンシャルプランナー 深野康彦)