「通勤手当の代わりに在宅手当」で手取りが減るかもしれない理由
在宅勤務手当が出ない会社は少なくないようだ Photo:PIXTA

企業の顧問社労士として、数多くの労務問題を解決してきたカタリーナ。新たに始めたオンラインのよろず労務相談には、経営者・労働者を問わず、さまざまな相談者が訪れる。本日の相談者は、新型コロナウイルスの感染拡大以降、在宅勤務を続けているという男性会社員(31)。在宅勤務で困っていることがあるというが……。

在宅手当が出ない会社はブラックなのか?

カタリーナ 「こんにちは!社労士のカタリーナです。真島智昭さんですね。今日はどんなご相談かしら?」

真島 「新型コロナをきっかけに、8月から在宅勤務になったんです。会社まで片道1時間半もかかっていたから、通勤ラッシュからも解放されて、その分だいぶ楽になりました」

カタリーナ 「それはよかったわ。在宅勤務が難しい仕事も結構あるし、あなたラッキーね」

真島 「いやぁ、それがそうでもなくて……」

カタリーナ 「どういうこと?」

真島 「ずっと家にいるから、光熱費も結構かかるじゃないですか。うちの奥さん、そういうところ結構厳しくて。食事も家で食べる分、大変だって。僕はカップ麺とかコンビニ弁当でいいんですけどね」

カタリーナ 「なるほど、肩身の狭い思いをしているのね」

真島 「はぁ…、最近テレワークの手当が出る話とか、よく聞くでしょ?うちの会社は、そういう手当は一切ないんです。友人の会社は、毎月5000円の在宅勤務手当が出るうえに、机やイスとかも会社負担で買ってもらえるって聞きました」

カタリーナ 「まぁ、そういう会社もあるわね。オフィス自体を解約して、フルリモートに切り替えている会社も出てきているし、半分出社で半分在宅っていうケースもあるし」

真島 「残業が減ったうえに、通勤手当も廃止されて実費精算になったから、給料が減ってしまって。奥さんが、うちの会社はブラックだって、散々文句を言うんです。やっぱりうちの会社って問題なんでしょうか?」