アウディQ3スポーツバック35TDIクワトロSライン
アウディQ3スポーツバック35TDIクワトロSライン 価格:7SMT 563万円 Photo by Akihiko Kokubo

日本で発売された新型Q3は
2シリーズ構成

 アウディのSUVは、車名が“Q”の記号と1桁の数字で構成されている。

 2005年発表のQ7、2008年のQ5に続き、3番目のSUVとして2011年に発表されたモデルが、1st・Q3だった。

 アウディのSUV攻勢は続き、2016年にはフレッシュ層を狙ったQ2、そして2018年にフラッグシップのQ8を追加……と、バリエーションを一気に拡充させた。

 その中にあって、Q3は、これまで世界で140万台を販売したヒット作。Qシリーズを支える“最重要モデルのひとつ”である。

 今回日本で発売された新型Q3は、2シリーズ構成。初のフルモデルチェンジを経て2ndモデルに移行した標準車と、派生バージョンとして新たに設定されたスポーツバックの2タイプから成る。

 全高が低く抑えられ、クーペライクなデザインを特徴とするスポーツバックは、「アウディ初のコンパクトクロスオーバーSUV」とメーカーが説明するブランニューモデルである。