「なぜ、日本ではユニコーン企業がなかなか出ないのか?」――。
この疑問への1つの回答となるのが田所雅之氏の最新刊『起業大全』(7/30発売、ダイヤモンド社)だ。ユニコーンとは、単に時価総額が高い未上場スタートアップではなく、「産業を生み出し、明日の世界を想像する担い手」となる企業のことだ。スタートアップが成功してユニコーンになるためには、経営陣が全ての鍵を握っている。事業をさらに大きくするためには、「起業家」から「事業家」へと、自らを進化させる必要がある、というのが田所氏が本の中に込めたメッセージだ。本連載では、「起業家」から「事業家」へとレベルアップするために必要な視座や能力、スキルなどについて解説していく。

Photo: Adobe Stock

組織の自己認識力を高めるストーリーブック

 経営陣(メンバー)は定期的に、「なぜこの事業をやるのか」「その意義は何なのか」という問いを立てる対話や内省を通じて、自分の強さと弱さを言語化することによって「自己認識力」を高めることができると述べた。

 それを組織レベルで高める方法がストーリーブックの作成だ(下図表)。

 ストーリーブックは主に「求職者」「将来の従業員」に向けて、会社の強み、魅力、弱み、課題を伝えるために活用する。

「人はよく分からないものは買わない」と同様に、「人は何をしているかよく分からない会社で自分が働くことは想像できない」のだ。顧客に対してメッセージを打ち出すマーケティング活動を通じて、自社の商品やサービスの魅力を存分にアピールできる企業は多い。