例えば、旭川市の吉田病院は、クラスターが発生した件について、ホームページ上で「これまでの経緯」を公表した(クラスター発生の北海道・吉田病院、旭川市などを批判 「様々な不条理や疑問を感じた」 )。そこでは、転院調整が進まなかった理由の1つとして、旭川医科大学病院による感染患者の受け入れ拒否の方針があったとし、「クラスター発生と同時に、それまで当院に派遣していた非常勤医を、自院都合でいっせいに引き上げるという措置をとった。『医療崩壊』の引き金をみずから引くことに他なりません」と、その対応を批判している。

 公平を期せば、旭川医科大学病院側は、「受け入れ拒否をしたわけではない」と反論をしている。

 だが、新型コロナ感染拡大の初期に東京の永寿総合病院でクラスターが発生した件も思い起こせば、大学病院等の大病院がコロナ患者を引き受けないため、率先して引き受けていた結果だという。

 東京都では、最初からコロナ患者を受け入れている東京医科歯科大学をはじめ、受け入れを少しずつ増やしてはいる。しかし、その数はまだまだ十分とはいえないと考える。

 要するに、現状は重症者向けの設備が整わない中規模病院が中症者等を受け入れて疲弊している一方で、重症者への対応が可能な規模と最先端の設備を持つ大学病院の多くがコロナ患者を受け入れておらず、その結果、重症者向け病床がひっ迫しているということだ。この現状には、違和感を持たざるを得ない。

多くの大学病院が受け入れない理由とは

 大学病院側にも理由がある。大学病院には心臓移植、肺移植など高度な医療の設備がある。他の病院では難しい高度な技術が必要な治療や手術を受けるために入院している患者が多く、新型コロナ用の病床を増やすと、それらの高度な治療・手術ができなくなる懸念があるからだ。

 だが、新型コロナも重症化すれば、死に直結する病となり、ECMOなど中規模病院にはない設備が必要となる。重症者の受け入れは、大学病院に集約すべきものではないかと私は考える。

 つまり、大事なのは、大学病院の中で、新型コロナと他の高度医療のバランスをどうするかではないか。現在のところ、行政も交えてその議論ができているようには思えない。一方、大阪府のように、重症者の急増で医療崩壊の危機となってから、「場当たり的」に大学病院に依頼するというのは「後手」に回っており、「無策」と批判されても仕方がない。

 大学病院が、新型コロナ対応に消極的な理由は、大学内部の問題もあると考えられる。要は、「教授会」の中で感染症関連の教授の政治力が弱いからだ。