ファーウェイの苦境、サムスンには「蜜の味」
Photo:Barcroft Media/gettyimages

【ソウル】米国の制裁措置を受けた中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の苦境は、別ブランドへの乗り換えがまれなスマートフォン市場にあって競合勢にまたとない好機をもたらしている。

 米国が主要部品の輸出を禁止したことで、ファーウェイのスマホ販売はここ数カ月に急減。とりわけ韓国サムスン電子や他の中国スマホメーカーの追い風となっている。