袋入り麺のときは、仕上げの2分前ぐらいに、かき卵のように入れると、フワフワしておいしくなります。

 とはいえ、カップ麺を頻繁に食べるのは禁物。せいぜい、週に1回までが限度です。たまのお楽しみにしておくのが、ダイエットを成功させる近道です。

おうちdeダイエット
仕上がりの2分前に投入してフワフワ卵に Photo:PIXTA

スナック菓子は「大袋入りを選ぶ」

 お菓子は「大袋入りを選ぶ」――これも太らないコツ。

 たとえば、ポッキーは、ファミリーパックと言われる大袋の中に小袋が9袋程度入ったタイプ。クッキーや歌舞伎揚、ハッピーターンなどのせんべいは、大袋の中に1枚1枚が個別包装になったタイプを選ぶのです。

 食べる量をコントロールしやすくなるからです。

おうちdeダイエット
食べる量をコントロール Photo:PIXTA

 小袋タイプは1袋が少量とはいえ、全部食べきると「お菓子を食べた」満足感が得られます。個別包装タイプは、「包装を破ってから食べる」ひと手間があるため、キリのいいところでストップしやすくなるのです。

 1日のおやつに使ってよいカロリーは200キロカロリーほどです。

 小袋入りのものは、量が少ないため、1回に1袋であれば、カロリーオーバーの心配はありません。小袋ごとにカロリー表示があるものが多いので、チェックしてみてください。意外に少ないカロリーで満足できることがわかるでしょう。

 個別包装になっているものは、1回に2~3枚が目安です。これも1枚あたりのカロリー表示があるので、自分で枚数を決める際の目安にしてください。